オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

イトウって、どんなお魚なんですか?
【きそ編】

「イトウってどんなお魚なんですか? 上級編」はこちら

どこにすんでいるの?

イトウの主な生息地

 日本では北海道だけにすんでいます。しかし北海道でも、イトウのすんでいる川はへっています。イトウが卵から生まれるのは川の上流ですが、大きくなるにしたがって川の下流にむかい、ときには海にまで出ていきます。上流から河口まで、自由にのぼりおりできる川がイトウには必要なのです。

 尻別(しりべつ)川は、イトウのすんでいる「南限」の川です。


イトウとせいくらべしてみようイトウと背比べ

イトウのおおきさは?

 70年くらい前、北海道の十勝(とかち)川で2メートル10センチのイトウがとれたという記録があります。尻別川でも1メートル53センチのイトウがつれたことがあります。でも卵から生まれるときはちっちゃな姿です。50センチの大きさになるまで5年くらいかかるといわれています。

 


イトウの身体測定中

イトウのじゅみょうは?

 サケ科の魚としてはとても長生きで、ゆうに15年から20年は生きます。親になれるのは、おすのイトウで4歳くらい、めすのイトウで6歳くらいからです。一生の間に何度も卵をうむことができるのも、イトウの大きなとくちょうのひとつです。

 左の写真は、飼育しているイトウを薬でねむらせ、からだの長さをはかったり、ウロコを取って年れいを調べたりしているところ。


イトウの稚魚の見分け方
オビラメレスキューカード

イトウはなにを食べるの?

 生まれたばかりのころはお腹についたふくろのえいようで育ちます。自分で泳げるようになったら小さな虫などを食べるようになり、大きくなるにしたがってほかの小魚やカエルなどを食べるようになります。

イトウはなぜへっているの?

 いろんな原因があります。もっとくわしく調べたい人は「イトウってどんなお魚なんですか? 上級編」をどうぞ!