オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

重点河川復活プラン
オビラメの会は倶登山川を「尻別川のイトウ復元事業」の最初のモデル河川に選びました


 この記事は、2004年12月20日、倶知安町内で開催される北海道建設部・小樽土木現業所による「倶登山川改修事業に関する住民説明会」で、参加者のみなさんにオビラメの会が配布する資料からの抜粋です。

 尻別川のイトウ(オビラメ)は、いまや絶滅寸前です。いわゆる自然破壊が大きな原因ですが、とくに、オビラメたちが安心して繁殖できる「産卵環境」「稚魚生息環境」が、現在の尻別川流域にはほとんど残っていません。

 オビラメの会は2001年から流域をあちこち探し回って、昨年、この倶登山川に、オビラメの稚魚が何とか元気に育つことができるのではないか、という小さな環境を見つけました(表)。

 北海道立水産孵化場などの協力を得て詳しく調査を行なったところ、残念ながらやはりここでもイトウは発見できませんでしたが、それを逆手にとって、オビラメの会が人工孵化させた稚魚(親魚は父母とも尻別川産)を活用して、この場所をオビラメの新しい繁殖場所として復元するための実験を始めることにしました。

1
イトウ稚魚が好んで定位する場所は……水深は数センチから10数センチ、流速がほとんどゼロ。泥底で、岸からのカバーで覆われているような環境です(黄色の円内など)。写真撮影/鈴木芳房氏

 そして今年(2004年)9月、近くにお住まいの農家のみなさま、倶知安町、後志支庁、小樽土木現業所などのご理解をごいただき、孵化後約3カ月の稚魚(体長約4センチ)約1800匹を倶登山川流域内の2カ所に放流しました(詳しくはこちら)。11月末に行なった追跡調査では、約5センチまで成長したオビラメ稚魚が多数確認され、この環境が稚魚たちにとって住みやすい場所だったことが改めて確認されました。

 稚魚たちはこれから成長するにつれ、徐々に川の下流に生息地を移していきます。尻別川本流や河口域でおとなになり、順調にいけば5〜6年後、繁殖のためにまたこの倶登山川に上ってくると予想されています。

 倶登山川には魚道のない堰堤が3つあります。今年放流した稚魚たちが、おとなになってまた戻ってくる5〜6年後までの間に、これらの堰堤をオビラメが自由にのぼりおりできるようにしたいとオビラメの会は考えています。オビラメの会は現在、そんな魚道づくりの提案をまとめるべく、勉強会を重ねています。

表.オビラメ復活条件と重点河川の状況 (倶登山川)

条件
内容
判定
備考
稚魚が生息できる環境がある。 河岸を覆うカバーがある。
ササや草に覆われている。
浅くて流れのほとんどないワンド状の場所がある。
 
親魚が産卵できる環境がある。 瀬と淵の分化が明瞭で平瀬がある(上流すぎず下流すぎず)
 
浮き石状のレキがある(レキの間に泥が堆積していない)
農地からと思われる泥が堆積している。
レキ径が3cm前後である。
大小さまざまあり。
上下流に自由に行き来できる。 遡上降下を阻害するものがない。
×
堰堤(土木現業所)が3基ある。
河畔林が発達している。 両岸に連続した河畔林がある。
農地と接する部分には河畔林がない。
総合評価(5段階)
堰堤と泥の問題を解決できれば、稚魚放流河川として有効。

関連のページ:オビラメ復活30年計画「重点河川」復活プランをつくろう!

北海道後志支庁からの回答書倶知安町役場からの回答小樽土現からの回答

 

関連のページ:オビラメ復活30年計画「重点河川」復活プランをつくろう!

倶登山川の環境復元に関するオビラメの会の要望書
北海道後志支庁からの回答書倶知安町役場からの回答小樽土現からの回答

倶登山川水系でオビラメ稚魚の放流を初めて実施

オビラメの会ニューズレター号外(2004年12月20日発行)