オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

3年ぶりに人工授精に成功しました めすの「ノリカ」から

 「尻別川の未来を考えるオビラメの会」(草島清作会長)は2007年5月20日、北海道倶知安町内で飼育中のイトウ親魚の採卵作業に臨み、2004年以来、3年ぶりに尻別川産イトウ=オビラメの人工授精に成功しました。

 飼育中の親魚5個体のうち、採卵に成功したのは、体長約90cm、体重約8kgの「ノリカ」。2000年11月4日に、会員の高橋秀邦さんが尻別川で釣り上げ、飼育池に移送して、ずっと大事に飼育してきましたが、今回初めて、抱卵が確認されました。

 この日は、北海道立水産孵化場の川村洋司主任研究員らが、麻酔で眠らせた「ノリカ」から慎重に採卵。絞り出したオレンジ色の卵をボウルに受け、続いて採取した「チビ」(おす)の精子とすばやく混ぜ合わせて授精させました。(右の一連の写真)

 川村さんの計測によれば、卵数は3278粒。順調にいけば、7月には稚魚が孵化する見込みです。


 6月28日から29日にかけて、授精卵からの孵化がほぼ完了しました。7月2日現在の授精卵のようすは以下の通り。

生卵(発眼卵)2844粒
孵化数    約2800匹
孵化率    約85%


 7月下旬、「浮上」が完了し、少しずつえさを食べはじめました。8月6日現在の体長は約3センチです。


尻別川産イトウ個体群(オビラメ)復元のための稚魚放流についてのお知らせ(2007.8.27)

s

撮影/松枝直一氏