オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

トピックス 京極発電所計画と尻別川

京極発電所位置図 北海道電力(株)は、尻別川流域の京極町で、新しい発電所「京極発電所」の建設を計画中です。現場は、尻別川の支流ペーペナイ川の集水域にあたる本倶登(ポンクド)山。山腹と麓にそれぞれひとつずつ貯水池を造成して「純揚水発電」をおこなうといいます。

 工事が始まれば、ペーペナイ川の自然環境にも悪影響が出るのではないか、と懸念されています。水質・水量の変化は本流・尻別川にも伝わります。「オビラメの会」は調査により、ペーペナイ川出合いにほど近い場所でイトウの生息を確認しています。

 「オビラメの会」は北海道電力に対して、工事などによる影響を最小化すること、また環境に悪影響が出た場合は速やかに復元すること、さらにイトウをはじめとする尻別川流域周辺の希少動植物の絶滅回避に企業として取り組むこと、などを求めたいと考えています。


京極発電所建設計画の概要 北海道電力(株)サイト収録の資料です。

「日本一の清流」で建設が進む「京極発電所」 NGO揚水発電問題全国ネットワークのメールマガジン『揚水発電やめネット通信』に、平田剛士(当サイト管理者)が寄稿した文章です。

揚水発電とは?(同タイプの「関西電力大河内水力発電所」のサイトへ)

北海道環境影響評価審議会・京極発電所設置計画小委員会報告(1999.10.4付け)=抜粋(4855文字、テキストのみ)イトウについて、重大な影響はない、と書かれています。

北海道環境影響評価審議会答申(1999.10.7付け)=抜粋(テキストのみ、4866文字)上記小委員会報告の要望15項目に、ヒグマのモニタリングを求める新項目が加わりました。

京極発電所他に係る環境庁長官意見の提出について(99.12.16 )環境影響評価法/電気事業法に基づき、環境庁長官が通産省に提出した意見。環境庁提供のデータです。