オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

大光明宏武リーダー

draft_monitoring
(上)モニタリングチームの大光明宏武リーダー。(下)倶登山川の落差工に新設された魚道付近で水中のイトウを探索中。(2009年5月、撮影/阿部幹雄)(C)2009 Mikio Abe, All rights reserved.

オビラメレスキューカード
イトウ稚魚を見分けるには?
オビラメレスキューカード

放流イトウのモニタリング活動

 尻別川産イトウ個体群の復活を目指すオビラメの会は、稚魚放流しているイトウたちの追跡調査活動(モニタリング)を進めています。研究者をリーダーとするモニタリングチームが定期的に生け捕り調査を実施しているほか、釣り師のみなさまから捕獲情報を収集しています。放流後のイトウたちが自然界で健康に成長できているかどうか、すみ場所として尻別川のどのような環境を選んでいるか、将来的に新たな世代交代が可能かどうか、といった未知の諸課題を、モニタリングによって科学的に解明できるからです。


 モニタリングチームによる調査結果を公表しています。(pdf)

ニューズレター号外(2004.12)

ニューズレター24号(2006.1)

ニューズレター26号(2006.7)

ニューズレター29号(2007.11)

ニューズレター30号(2008.6)

ニューズレター31号(2009.4)

ニューズレター33号(2010.1)

ニューズレター34号(2010.6)

ニューズレター35号(2011.4)


 追跡調査には、尻別川の釣り師のみなさまからの情報提供がとても役に立ちます。もし尻別川でイトウがヒットしたら、ぜひご一報ください。

【連絡先・お問い合わせ】
オビラメの会事務局 吉岡俊彦
電話0136-44-2472
電子メール