オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

オビラメの会は、関係機関と協働しながら
尻別川でのイトウ保護活動を進めています


 有島記念公園(ニセコ町)で2015年夏から新しいイトウ飼育池「有島ポンド」を建設しています。

 ニセコ町は「第2次ニセコ町環境基本計画」で「生物多様性のシンボルとしてイトウを守る」と定めています。

◆ 「北海道生物多様性の保全に関する条例(仮称)」素案に対するコメント(2012年11月1日付)。全文pdf。

◆ 後志地域生物多様性協議会(2012年2月2日設立、事務局=黒松内町)に委員として参画しています。

 尻別川流域各自治体の広報誌2011年8月号に一斉に統一条例記事が掲載されました。

 尻別川統一条例を活用したイトウ保護政策推進のお願い(2011年5月7日付け)

◆ 北海道環境生活部環境局自然環境課主幹(特定生物グループ)から意見を求められ、「「希少魚種イトウ保護のために」リーフレットの作成について」への意見」を提出しました(2009年3月9日付)。全文(pdf)

◆ 「指定希少野生動植物の指定に向けた意見交換」(北海道後志支庁主催、2008年2月20日)、「イトウ保護に向けた関係団体との意見交換会」(北海道自然環境課主催、2008年3月7日)に参加しました。オビラメの会からの配付資料「尻別川におけるイトウの生息状況と保護」はこちら(pdf)

 後志支庁・魚道整備環境配慮検討会への参画(2007-)。経緯はこちら(オビラメの会ニューズレター31号)

 尻別川の魚を守る呼びかけ事業(北海道後志支庁)への協力(2005-)

 尻別川圏域河川整備計画検討委員会への参画(2006-)

 尻別川整備計画検討委員会あて「尻別川イトウ個体群復元に向けてのご提案」

 豊かな自然生態系を象徴するイトウ個体群の尻別川流域における復元事業の提案

 倶登山川復元のための要望書

 北海道希少野生動植物保護条例への意見書

 「尻別川の新しいルール」のご提案

 アースデイEZO2010

 羊蹄山麓広域景観づくり推進協議会