オビラメの会

南限のイトウはいま

尻別川の自然と人

目標はイトウ再導入

地域社会との協働

イトウのリリース方法

ご支援ください


ニューズレター閲覧

オビラメ勉強会

サイトマップ

ホーム

新しいイトウ親魚飼育池を造成しました

オビラメの会は2015年、ニセコ町と協働で、町内の有島記念公園内を流れる第2カシュンベツ川(尻別川水系真狩川支流)そばに、新しい尻別イトウ親魚飼育池「有島ポンド」を造成しました。(撮影=坂田潤一、2015年11月7日)

有島ポンド(撮影=坂田潤一)


サインポスト絶滅があやぶまれる尻別川のイトウ(別名オビラメ)を救うために、尻別川オリジナルの遺伝子を引き継ぐ若いイトウたちを飼育しています。性成熟するまで育てて採卵し、生まれた稚魚を尻別川に戻すことによって、尻別川のイトウたち復元の呼び水にする計画です。

おねがい
イトウはデリケートな生き物です。驚かさないよう、観察ステップ以外の場所には近づかないでください。
飼育中のイトウを釣ったり、川に逃がしたりしないでください。また、ポンドに外来種を放さないでください。

The Japanese huchen (Ito), the largest freshwater fish in Japan, is facing extinction.
The Shiribetsu River is the southernmost habitat of Ito, also known as Obirame by the Ainu people. The goal of the Obirame Restoration Group is to restore and rehabilitate native populations of Obirame in the Shirebetsu River in collaboration with anglers, researchers and citizens.
The Obirame Restoration Group has begun a re-introduction program for the Obirame since 2001.

ATTENTION
NO FISHING, and Keep off except the Observation Step.

この施設は一般財団法人前田一歩園財団平成27年度自然環境保全活動助成金の援助を受けて建設されました。


「有島ポンド」にイトウを初移送します

日時 2015年11月7日(土曜)13:30〜、雨天決行

場所 ニセコ町・有島記念公園内「有島ポンド」
   北海道虻田郡ニセコ町有島57番地、有島記念公園内「せせらぎ橋」そば

※引き続き、14:30から同公園内「有島記念館」で、オビラメ出前講座「巨大淡水魚イトウが紡ぐ流域の絆」(オビラメの会/後志地域生物多様性協議会共催、講師・川村洋司さん)を開きます。合わせてご参加ください。

お問い合わせ オビラメの会 電話0136-44-2472

プレスリリース(PDF)


有島ポンド(満水時)

水面の長さ 25.6メートル
水面の幅 12.7メートル(最大)〜2.2メートル(最小)
水面積 188.4平方メートル
貯水量 201.5トン
最大深さ 1.5メートル

【2015.10.12】2015年10月10日〜11日、ポンドの仕上げ工事に取りかかりました。ボランティアの会員らが2日がかりでブロックや土のうを積み上げ、ポンド際のアプローチ、アプローチに続く階段、取水口の造作、取水部分の護岸、第2カシュンベツ川の取水位置の川底にブロックを積み重ねてのかさ上げ工事などを行ないました。

第2カシュンベツ川からポンドへの取水位置にコンクリートのU字溝を川の流れに直角に突き出して取水する方式です。
取水口の造作。第2カシュンベツ川(写真右)は手前から奥の方向に流れています。取水管直下流の川底にブロックを並べ、魚道を確保しつつ川の水位を20pほどかさ上げしました。強度を保つために両岸にブロックを並べました。
取水位置を第2カシュンベツ川の下流側から撮影。木枠の部分が取水口。
有島ポンドへのアプローチ部分を造成しました。ここからイトウの世話をしたり、見学者を受け入れたりします。
作業の合間にひと息入れるオビラメの会のメンバーたち。

【2015.9.16】2015年9月7日に着工し、第一段階の素堀り工事が完了しました。写真上は着工前のようす。下の2点の写真は工事後です。撮影・岩瀬晴夫会員。


【2015.6.3】「絶滅危惧種イトウ復元のための施設設置についての説明会」を6月16日(火曜)午後6時半から、ニセコ町の有島記念館で開きます。どなたでもご参加いただけます。詳しくはこちら